川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-12-20(20:48) 市政

議会閉会日。今日は傍聴にたくさんの方々がお見えになりました。市庁舎建設地に関しての議案が市長から提案が採決されるためです。町会の役員さんや町会長さんが動員されたようです。顔見知りの町会長さんにお会いしたので、ご挨拶をしました。「まあ、座りなさい。」とソファーを示されたので、横に座り少しお話をしました。K町会長さんは、防災の面で現在地では不安が大きいとおっしゃっていました。特に、水害で現在地よりスキップシティーの方が高台であるので、有利だと言う事です。防災面での対策は本当に重要です。今日議会で、現在地で決まったので、これからは庁舎はどうあるべきかという事も踏まえ、審議会で検討していきます。いっせい地方選挙が控えているし、耐震化を考えるとゆっくりもしていられません。

私達共産党市議団は、今日の討論で松本市議が述べましたが、防災、まちづくりなどと共に、建設費を抑える事と市内にある市庁舎や支所の充実を進め、市民の利便性を高める良い機会だと考えています。立派な本庁舎があっても、市民が使いづらいものであっては、意味がありません。

しかし、今日はなんと6人が討論をしました。まず、我が共産党が反対討論を。補正予算に関わり留守家庭児童保育事業の民間委託に反対をしたのです。平成27年度には法改正があり、不安がますます大きくなります。はっきりしない法改正のなかで、市として子どもたちの環境整備は独自にも進める責任があるはず。という事に加え要望も各議案にあり、20分の持ち時間中14分の討論でした。

自民党の板橋議員が賛成討論。さらに、庁舎建設に関わり4人が反対討論をしました。今議会は、庁舎建設以外にも大事な議案が沢山あったと思いますが、その他の議案では要望すら討論で触れずに終わる議員ばかりで、ちょっとおかしいと思いました。市長が提案する議案の審議を託されているのが、私達市議会議員です。常任委員会で質問もせず、意見も言わず、閉会の討論には参加する事に違和感を感じるのは私だけなのでしょうか。

SN3D0555

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です