川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-11-24(22:26) 国政 日本共産党 行動

日本共産党芝地域後援会主催で、タイトルのバスツアーがありました。みんなの行いが良く、ピーカンとも言える良い天気で最高でした。

まず向かったのは、東海村です。東海原子力発電所内施設の東海テラパークで、東海村議員の大名さんに施設の案内と説明をしていただきました。説明では、東海村が原発と関わる歴史から話して頂き、原発交付金で村のハード面が拡充されていったことや、臨界事故を起こし前村長が原発からの脱却に方向が変わった経緯、さらに現在も脱原発議員は20名中8名である事など、詳しく説明がありました。

テラパーク屋上で説明をする大名議員と後援会の皆さん

テラパーク屋上で説明をする大名議員(中央青い服の女性)と後援会の皆さん

テラパークでは、「撮影禁止」の張り紙がありましたが、写真を撮ってしまいました。なんだか、「秘密保護法」がなくても、何が秘密かわかりません。

次に向かったのは、大洗町の潮騒の湯。ここでは、大洗町議員の菊地さんが3.11の震災の様子や復興の様子を話してくれました。震災当日のDVDを先ず上映。そこには、津波が押し寄せる様子と、防災無線がひっきりなしに「高台に避難して下さい」と訴えている声がありました。しかし、その声も最後の方は、「避難しなさい」と命令口調になっています。この命令口調が今では全国の教訓になっているとのことです。

IMG_1535[1]

今日は静かな波。こんな静かな波でサーフィンをしています

今日は静かな波。こんな静かな波でサーフィンをしています

帰りはさずがに、渋滞につかまりました。大相撲を観戦しながら帰還。

帰りはさずがに、渋滞につかまりました。大相撲を観戦しながら帰還。

今日はさすがに疲れましたが、事務局のNさん、Kさん、Aさんお疲れ様でした。段取りが良く参加者のみなさんも気持ち良い旅行だったのではないでしょうか。

 

 

One Response to 原発ゼロと復興支援バスツアー

  1. 土屋 より:

     毎日の行動お疲れ様です。私もと行きたいのですが、スケジュールの都合により毎回は厳しく、週末のみで精一杯です。 またこのところ、地域行動等がメインとなり遠出は厳しくなりました。さて、秘密保護法が衆議院を通過しましたが、勝手なことはさせぬとテレビの前で決意しました。 許さない闘いをお互いに頑張りましょう。 マスコミも不誠実が多いのも困ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です