自治体問題研究所主催、議員研修も2日目です。

今日は、長友先生の国保の学習から始まりました。国保をアクションリサーチして、住民運動へとつなげる必要を訴えられ、大きな宿題をもらいました。次は、生活保護問題を渡辺先生から学び、これから自治体へ委託されようとしている生活困窮者支援事業の労働問題では議員のチェックを強く要請されました。最後は、長野県で保健師として、活動しておられる山本先生の実体験から来る、高齢者問題の講義。主題は高齢者でしたが、話の中で現在30歳から40歳の脳梗塞が増加していると問題提起されたことは、ショックでした。

若い長友先生。

若い長友先生。

IMG_1426[1]帰りの新幹線では、隣の金子団長とずーと話しっぱなし。研修した内容や、どう活動に活かすかと言った大真面目な話で、盛り上がりました。

おすすめの記事