川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-10-31(22:38) 市政

昨日は労働について何人かと懇談をしたので、公的労働について書きました。今日交付税についてさらに情報を得たので、補足します。

交付税が予算より多かったと記しました。そのわけが分かったのです。

まず、昨年日本に住む外国人の方達の登録制度が変わりました。3か月以上日本に住む場合、自治体での住民登録をする事になりました。手続きなどの変更もありましたが、自治体での外国人住民基本台帳への登録という事は大きな変更でした。

川口市では多くの外国籍の方が居住しています。以前ブログにも建設業に携わる外国の方が多いと書きましたが、私の活動地域である芝園団地では、住民の半数は外国の方だと聞いています。時々蕨駅西口で早朝宣伝します。その時にも、通勤で通る方が話す言葉に外国語がたくさん聞こえてきます。

そんな状況ですから、川口市では外国の方が多く、住民登録も多かった。交付税には、人口比で計算する係数があるとのことで、人口が増えた分交付税も増額されたのだそうです。長々と書きました。

しかし、疑問は残ります。川口市が交付税の額を予想できなかったという事です。財政の話を聞くと、予算の時には交付税がどのくらい出るのか正確には分からず、夏以降に決定する額ではっきりすると言う事です。景気が悪ければ歳入が減り、自治体へ交付する税も減るであろうとは、分かりますが人口比での配分も予想できないという事が、理解できません。分からないと、市の職員さんに聞きますが、財政や税は聞いても難解な事が多くて困ります。

まだ、読み終わっていない本。 (-_-メ)

まだ、読み終わっていない本。
(-_-メ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です