川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-10-21(22:55) 市政

今日は、歳入の審議。決算で歳入が増えれば景気が良くなったか。実はそうではない例が今回の決算でありました。個人市民税の歳入が増えている原因が、年少扶養控除の廃止と特別扶養控除の影響で、子育て世帯の税金負担が増加していたのです。

法人税も歳入が増加していましたが、景気と関連しているか明らかにはなりませんでした。しかし事業所の廃業が増えています。原因が倒産かどうかはやはり明らかにはなっていません。決算では、御成道まつりの経済効果もあったと総括しています。税収も増えている、だから景気が回復した。といえるのか。商店や地域で話を聞く限り景気が良くなった傾向は見当たりません。決算は終了しましたが、川口市の景気回復に自治体でやらなくてはいけない政策をさらに、全力で進めるためがんばらねば。

市民の懐を温める施策が必要

市民の懐を温める施策が必要

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です