議会が閉会。各常任委員長の報告があり(板橋ひろみ市議は経済文教委員長なので、委員会報告をしました)今回の議案で反対したものはなかったので、共産党は討論に立つ事もなく、粛々と議事が進行しました。

今議会では、庁舎建設に関して、審議会の答申を受け全員協議会を開き、庁舎建設特別委員会も開催したので、委員長報告がもう一つありました。審議会とは違う判断の報告となり議会がもめるかと心配されましたが、特にもめる事もなく報告は終了しました。これから市長の判断で庁舎建設が進んでいく事になりますが、どこに庁舎を建設するにせよ、どんな庁舎で市民にとってよい庁舎になるのか、ここが重要です。町会からは場所選定に関して要望書が出されています。難しい問題です。現在の庁舎の建て替えは急務です。

私の席と矢野市議の席の真上で雨漏りをしていたとのことで、「雨漏りがあったらアイコンタクトを事務局に送って下さい」と言われました。こんな、庁舎ですから市民の財産としても限界が近いですね。

午後は、市議団で議会の振り返りをしました。

夕方からは、川口社保協の定例会議。先週開催した、「こまりごと相談所」の振り返りをして、相談事例の報告がありました。借金のある方の事例ですが、借金の額が少額の場合、弁護士に頼むと弁護士費用の方が掛かってしまう場合があります。その時には自分で借金の利息を引き下げる事が裁判所に行き手続きすれば出来るとわかりました。今回の相談所で弁護士さんからのアドバイスで、解決の道ができたということでした。この事例は、私達みんなが知らなかったことで、少額の借金の場合使えると思いました。

この間社保協では、介護、国保、子ども医療費で市と懇談を重ねています。継続は力なり。つくづく思います。熱心な市の職員さんと、福祉の向上のため力を合わせる事は、市民団体だからできる事です。私達市議はそのサポートが出来ればと思います。

お疲れ!

お疲れ!

 

おすすめの記事