今日は、2つの常任委員会開催。一つは、私と板橋市議が委員の経済文教委員会。もう一つは、金子幸弘市議が委員の建設委員会。経済文教委員会は、板橋市議が委員長として会議を進める立場なので、質問や討論は私ががんばるしかありません。

川口市では普通教室にエアコンは1校しか設置されていませんが、特別教室(音楽室、パソコン教室)と職員室、校長室、保健室はエアコン設置が進められています。9月議会でも補正で音楽室、パソコン教室が提案されました。まだ、全ての特別教室にエアコンが設置されたわけではありません。設置順はどのように決めるのか質問をしました。要望も決めてになるのだとか。10月に教育委員会が開かれます。室温調査もして資料も整い、市民からの要望も多く出されています。普通教室のエアコン設置は大詰めです。

その他、学校給食の委託にかかわる契約に関する議案と緊急雇用の支援対策が採択されました。

午後からは、聴覚障害協会の皆さんが、市へ要望を提出した回答が返ってきた事を受け懇談をしました。手話通訳など市政の拡充を求めています。今回で2回目ですが、話を聞き、回答書のどんな所が不備なのか丁寧に説明をしてもらいました。たとえば、医療センターには手話通訳がいません。回答では手話のできる職員が3名いる。ということでしたが、手話ができることと、手話通訳が出来る事は違う。ちょっとした手話の違いで、命にかかわる事もあると、事例を示して話してくれました。

現在川口市には手話通訳で登録している方は、21人。聴覚障害で手帳を持っている方は、12000人、社会福祉協議会へ委託されている手話通訳の依頼は、年間1200件。とても足りないとおっしゃっていました。

福祉が必要な方へ届く市政をめざす。その基本を忘れずにこれからも、一人ひとりが大事にされる市政を目指します。

夜は後援会の会議。

おすすめの記事