川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-08-11(23:22) 平和 集会

平和を願う文化の会主催による、一人芝居「花いちもんめ」が、芝公民館ホールで上演されました。演者は、元川口市議会議員の榎原美佐子さんです。私の大先輩でもあり、川口市で初の女性市議会議員だと聞いています。いわゆる女性市議のパイオニア。(^。^)y-.。o○

物語は、お遍路さんが一休みをした所で、自分史を語り始める。修学旅行でも行くような気で満州開拓団に参加し結婚をした。そこで2人の子供に恵まれたものの、終戦になりハルピンへ逃避行を。夫は女・子供・年寄りだけになった開拓団の逃避行を援助するため残留して戦う決意をする。そんな辛い旅とハルピンでの苦しい生活を淡々と語る。

そんな物語でした。母が子供を手放すのに平気なわけがありません。戦争とは本当に地獄になったかのような経験をする事になるのでしょう。絶対に戦争にはならないよう、”今”がんばらねばならないと強く思います。会場で、以前芝西に住んでおられた、Kさんに1冊の本をいただきました。Kさんは良くニュースや本や資料を届けてくれます。今日頂いた本は、戦争体験が書かれた手記です。それも、兵士として体験した地獄図です。慰安婦は資料が見つからないと存在そのものを否定している国会議員や保守系の皆さんにも読んでいただきたいと思った、本です。本には、慰安所に通うために出入証を発行していたということが書かれていました。歴史を都合よく解釈する事は許せません。さらに、強者、権力者側の解釈では正しくありません。今日は、一人芝居で感動もし、涙し、もっと多くの方に見てもらいたいなあと思いました。

舞台は切り株の様な座るものが一つあるだけのシンプルなもの。

舞台は切り株の様な座るものが一つあるだけのシンプルなもの。

様々な朗読を紹介。向田邦子の手記の一幕、詩、ピアノの伴奏で、歌詞を朗読等。みんなで歌う場面もあり。

様々な朗読を紹介。向田邦子の手記の一幕、詩、ピアノの伴奏で、歌詞を朗読等。みんなで歌う場面もあり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です