タイトルの学習会に参加してきました。講師は、日本共産党中央委員会国民運動委員会の堤文俊氏。導入は生活保護法の学習から。私は市議会で生活保護を一般質問で取り上げましたが、保護法の条文をきちんと読んでいませんでした。今日は本当に良い学習会に来たな~~と。

( ..)φメモメモ

現在の生活保護と8月から基準が引き下げられたらどうなるか。そして法がきちんと守られればこうなる。と問答集も資料として使い説明をしてくれました。また、実際に受給者からも声として効くのが、不正受給です。ギャンブルやアルコールに関しては、生活を立て直す支援を強める事が重要と言う事で、これは生活保護利用者に限った事ではありませんね。しかし兵庫県小野市では、生活保護受給者を監視する様な条例を作ったそうで、人権問題だと感じました。

最後に質疑応答の時間があり、またまた参考になる質問が出されました。川口市でも6月市議会でシステム改修の補正予算が提案されました。こういう時には何を知るべきか。という姿勢が大事です。まだまだ勉強が足りません。本当に今日は良い勉強が出来たと思いました。

学習会は一日でしたが、午後から後援会の行事があったため昼休憩で帰ってきました。途中大宮の実家に寄り、元気に暮らしている母の顔を見て、ホットしてきました。(*^_^*)

そしてしんぶん赤旗日曜版の配達集金に夕方まで地域を回り、今日は早めに帰宅しました。

のんびり・・・・と思ったら、市議団の議会報告の校正をして印刷会社に送らなくてはいけなかった。(;一_一)

 

後ろの畑は、ボウフウ。高級料亭でしかお目にかかれないもの。川口市の特産品。

後ろの畑は、ボウフウ。高級料亭でしかお目にかかれないもの。川口市の特産品。

 

 

おすすめの記事