「5月20日に政府が発表した月例経済報告によりますと、景気は穏やかに持ち直しており、先行きにつきましても、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果等を背景に、消費者の購買意欲の改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かう事が期待されるとしております。上向く個人消費を背景に、企業の生産活動が穏やかな伸びを続けるとともに、雇用情勢も改善の兆しが見える等、安倍政権の経済政策”アベノミクス”への期待感で先行してきました円安・株高が実体経済にも波及し、景気の好循環が経済活動にも表われ始めた感があります。・・・」

これは、今日開会した、6月定例議会で市長が表明した所信です。アベノミクスを評価し、好景気が個人消費にも表われている。と市長は言っていますが、私が対話した商店主さんや、中小企業の社長さんたちはアベノミクスで収入が増えているとは言っていませんでした。どこの好景気の話しなのかと。

クリーニング屋さんは、商品を包むビニールやハンガーも値上げされるので、6月からの営業は大変つらいと言っていました。

何日か前のしんぶん赤旗には、中小企業が売り上げを落とす中で、大企業は内部留保をさらに増やしていると掲載されていました。富める者はさらに冨、貧しきものはさらに貧しくなる。平均すれば、景気回復しているという論理なのでしょうか。こんな論理は許してはなりません。絶対に。だから、伊藤岳さんを国会に送りだそう。

明日は、川口駅東口デッキ上で、2時~40分間、女性のリレートークが行われます。県副委員長の綾部さんも来ます。私も金子団長と参加します。

なかよし。(^_-)-☆

なかよし。(^_-)-☆

 

おすすめの記事