国内外で大きな物議を起こした、橋下大阪市長の発言は講義する団体・個人が多いのは当然ですが、擁護する発言も少なからずあります。擁護する方達の意見を聞いていると、従軍慰安婦にされた方達の心の痛みにもふれながら、沖縄の女性たちの不安も考えていながら、性風俗業を必要悪とする方がいました。これは根本的に女性の人権・尊厳に考えが及ばないのだと言わざるを得ません。今日も橋下さんは、弁解はしましたが発言の撤回は無かったようです。弁護士という職業であることにも疑問が出てきます。市長としての資格は無い。このような方が政治家として存在することは、日本人として本当に恥ずかしい。

おすすめの記事