川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-04-23(23:58) 市政

昨日の夕方、生活相談でNさんと会いました。スーパーの駐車場で待ち合わせをして、私の車で一緒に事務所まで行こうと発進。車の中で「相談の具体的な内容はなんですか?」と走りながら聞きました。

「実は家がないんです。」とホームレスであることや、仕事での収入がひと月3万8千円程であることなど、Nさんは話し始めました。私は、すぐに役所に行く事にしました。5時に間に合えば、福祉課の生活保護申請に間に合います。

結局Nさんは、保護申請には間に合いました。ホット胸をなでおろしました。色々話を聞くなかで、Nさんが不意にご自分のバッグの中を見ながら「何も入っていない。」とつぶやきました。それを聞いてとても悲しくなり、つい涙をこぼしてしまいました。Nさんは、数年前にご主人を亡くしてから、身寄りがないので、友人宅に身を寄せて、細々と仕事もしながら生きてきたのでした。その友人が亡くなり住んでいたアパートも出されることに。それからは、午前中は仕事に行き、夜は24時間営業のお店で時間をつぶす毎日だったと言います。高齢になってからのご苦労は本当につらかったと、一緒に泣いてしまいました。

真面目な人ほど、切羽詰まらないと相談に来ません。Nさんは、身体は丈夫で病気もしていない。と言ってますが、寒の戻りがあり最近は寒さも辛かったのではないでしょうか。

今日連絡がとれ、居宅も決まりホットしました。と言ってました。

無年金の問題が大きい。Nさんも無年金ですから、いつまでも働き続ける覚悟だったのです。

庭の藤棚。今が満開。いい香りです。

庭の藤棚。今が満開。いい香りです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です