川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-03-26(22:10) 雑記

私は新日本婦人の会に入会していますが、会で取り組んでいる「小組み」にはなかなか参加できていません。でも子どもが小さな時には、親子リズムで毎週楽しい時間を過ごしていました。その長男も今では、社会人です。

新婦人で知り合った、KさんやIさんは、まじめに活動をする信頼できる友人でもあります。また、川口支部の支部長の峯りみ子さんは、信頼はもちろんですが、明るく、パワーもあり楽しい方です。対市交渉などでも先頭に立ち市民の要求を市政に届ける、頼りになる活動家でもあります。なぜ、新婦人にはこんなに素敵な女性が多いのかと思いますが、会の目的が、☆核戦争の危機から女性と子どもたちの生命を守ります。☆憲法改悪に反対、軍国主義復活を阻止します。☆生活の向上、女性の権利、子どものしあわせのために力をあわせます。☆日本の独立と民主主義、女性の解放をかちとります。☆世界の女性と手をつなぎ永遠の平和をうちたてます。この5つが活動方針です。世界を視野に入れた広い心が新婦人の基本なのです。だから素敵な女性が多いのかな。

新婦人新聞とまめ

新婦人新聞とまめ

2 Responses to 新日本婦人の会

  1. 原 順子 より:

    始めまして。
    原 順子ともうします。金山町にすんでいます。外国人がたくさんいます。
    65歳で退職しました。で、今、これから、何をしたらよいか、考えているところです。
    今、生活をしていて、困っている事は、一部の中国人だとおもいますが、社会生活のルールを守らず、大声で歩きながらのスマートフォンのやり取りをしたり、つばをはいたり、大声で、喧嘩をしているのを見ると不快感をおぼえます。声をかけて、注意したら、「お前死ね!」という返事が若い中国人の女性から、返ってきたこともありました。もう少し、優しい川口の街にならないかと感じています。
    本当は違っていても、実質、外国人は人手不足の日本のパートナーなので、また人権の考えからも差別はいけないとおもいますが、それにしても、お互い気持ちよく、生活をしたいものです。
    今井さんはどのように考えていらっしゃいますか?
    良い考えがありましたら、助言をお願いできませんか?
    よろしくお願いいたします。

    • imai より:

      原さん、コメントありがとうございます。
      金山町も外国の方が沢山おられるのですね。私が活動をしている、芝園町にあるUR団地は住民の半分が中国の方のようです。以前は大変な様子だったと聞いています。つばどころではなく、エレベーターがトイレ替わりに使われていたり、階段の踊り場などもそんな行為の禁止の張り紙をつい最近まで見ましたし。生活習慣の違いとは、本当に大変です。でも、自治会やURの働きかけの成果か、良くなってきたと住民はおっしゃっています。今でも、自治会の努力は大変です。また、芝園団地には、「かけはし」という、大学生などが参加しての多文化共生活動があります。また、公民館でも外国籍の方対象に、日本語教室が行われています。その努力は様々で大変だと思います。市としても、町会や自治会に丸投げではなく、積極的にかかわる必要があると思っています。選挙も終わったので、(といっても、これからは市長選挙が始まりますが)来年の3月議会に質問ができるように、調べてみようと思っていたところでした。中国の方以外にも、クルド系の方は、難民であったり問題も複雑です。
      原さんがおっしゃるように、人手不足では仕事のパートナーです。住居では同じコミュニティをつくるお隣さんです。
      ごみ問題も深刻です。言葉が通じない方には、市の多文化共生担当に翻訳を依頼し、注意書きチラシを作ってもらう事も可能です。外国籍の方は集まって居住している場合が多いので、その共同住宅にチラシを入れて、ゴミ問題が改善した町会があったそうです。
      特効薬はありませんが、さまざまやってみることが今は大事なのかもしれません。ご一緒に考えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です