川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2013-03-05(20:00) 文化・スポーツ

高校の授業料が無償化になりましたが、自分の子どもたちがすでに学生ではないので、制度の不完全さに鈍感になっていました。反省です。

公立高校は、無償化になっていますが、私立では、年間11万8800円程の就学支援金が出るだけですので、授業料の不足分は保護者の負担となっています。さらに、朝鮮高校では、専門学校という位置づけで、支援がなにもありません。日本にいる子どもたち全てに学ぶ環境を整えてやりたいですね。

一方、今日のしんぶん赤旗記事で、私立高校の支援として、学費貸し付け制度の恒久化がきまりました。2009年度から2011年度までの時限措置でしたが、2012年度からさかのぼって利用する事が出来ることになったと掲載されていました。学費の滞納があり、進級や卒業もできないと不安に思っていた方には朗報です。これも、全国での運動が実ったものだと言う事です。

川口市でも市立高校3校が平成30年度から、再編統合(つまり1校に縮小)する計画があります。公立が2校も減る事ですので、進学が私立であれば、保護者の負担は大変です。

学びたい人の全てが無償で学べる環境が出来ると良いのにと思います。今日NHK・BSで放送していた、素粒子の番組はおもしろかった。(^_-)-☆ いくつになっても学び、分かる喜びは嬉しいものです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です