女子柔道界が大きく変わる岐路にたっています。日本代表選手15名が監督など指導者に暴力行為があったとして告発をしたことから、マスコミでも大きく報道されています。

今日のテレビ報道でも言っていましたが、柔道だけの問題ではありません。指導者が選手に暴力を持って指導すると言っているのは「体罰」ではありません。たんなる暴力です。選手は指導者に「ノー」と言えない立場に立ちやすいのが日本だからです。私も中学校のときからスポーツをし、顧問の先生が生徒に暴力をふるっている現場を沢山見てきました。日本の体質と言っても良いのかもしれません。暴力を肯定し、暴力に頼る指導を容認する多くの人たちがいるのも現状です。

勇気をもって告発をした15名の選手たちや、「体罰」を批判する発言をしている元野球選手の桑田さんの姿勢をみて、さらに勇気ある発言をする方達が増える事が重要です。

やはり愛

やはり愛

おすすめの記事