午前中は川口革新懇の定例会議でした。昨年企画した「一枚のハガキ」実行委員会のまとめも行いました。今日もチケット代が少し入金されました。大きな収益にはなりませんでしたが、革新懇としての大きな1歩にはなったのではないでしょうか。映文教の舟橋さんも参加されていましたが、他市の様子を少し話して下さいました。新座市の文化会館では、1000席あるホールの貸出に関しては、映画などで500席しか使用しない時には、利用料が半分になるのだそうです。上尾の文化センターも同様。戸田市の文化会館の使用料は高いと言われているが、10万円とのことでリリアメインホールと比べれば安いものです。

今回の映画上映にかかったリリアの費用は、会場使用料(リリアメインホール)425,600円。付属設備使用料(拡声装置Aセット15,750円、調光装置15,270円、スポットライト1,560円、35ミリ映写機10分につき1,520円で50,160円)合計82,740円。プレイガイド販売手数料8,980円。収入の半分がリリア使用料で消えてしまいました。高いとは思っていましたが、他市では市民が市の施設を使って文化企画をする際には支援があることが本当にうらやましく、文化の水準を高めるうえで必要な事だと認識しました。舟橋さんから聞かなければ考えもしなかったかもしれません。認識不足を反省です。

そこで、3月に行われる総会では、舟橋さんの特別報告もしてもらう事にしました。川口市の文化水準を高めるために課題を提起し運動が進むように。そして、総会の後の記念講演では、白鳥勲先生を依頼する事が出来ました。(舟橋さんのおかげです。)

会場が取れてチラシが出来ましたら、ブログでもご紹介しますので、革新懇の総会と講演にご参加ください。

「ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~」2月18日(月)埼玉会館小ホールで完成披露有料試写会

「ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を~」
2月18日(月)埼玉会館小ホールで完成披露有料試写会

 

おすすめの記事