コロナウィルスについてのニュースが毎日報道されています。

気を付けるのはもちろんですが、不必要に恐れることや、単なるうわさ話を広げるようなことは慎むべきだと思います。

今日は、市内の複数の地域で、患者が出たと噂を聞いてきた方がいました。

埼玉県民の患者が出たとの報道で、そんな噂を流す方がいるのでしょうか。大野埼玉県知事が会見しましたが、県のホームページにメッセージが掲載されていたので、アップします。

「県では、これまでも県民の皆様が正しく恐れることが効果的な蔓延防止策であることから、迅速、正確な情報発信に努めて参ました。国や他の都道府県に先駆けて相談窓口を整備して参りました。さらに、今後の拡大の可能性もあることから検査・医療対英の緊急対策を行うともに、議会に対しても予算措置をお願いし、対策の強化を図ってまいります。・・・略」

また、感染の進展を抑えるため、手洗い、咳エチケットなどの感染予防対策の徹底と、人込みを避けること、発熱などの風症状があるときには、休んで外出をしないこと。まずは、1人ひとりの予防対策がウィルスを広げない一番の手立てだと思います。

医療機関では、どこでも人命のため一生懸命頑張っています。

 

おすすめの記事