今日は金曜日。川口駅頭での定例宣伝の日です。

北関東ブロック一斉宣伝とかで、梅村さえこ衆議院比例候補者が駆け付けてくれました。おくだ智子衆議院埼玉2区候補と村岡県議、税理士の永塚さん、元鳩谷市議の野島さん、かわぐち9条の会事務局長の五十嵐さんとリレートークになり、いつもとちょっと違う雰囲気の宣伝でした。署名は、改憲発議に反対する全国緊急署名です。そして、シール投票もしました。ビラの受け取りも良く、シール投票の協力も結構あり、署名は30筆以上協力していただきました。ありがとうございました。引き続き、宣伝や国民の声を聞く活動を頑張ります。

私は、シール投票をやっていただこうと、通行人に声をかけていました。ある、男性が、「憲法は変えた方がいいと思う。」とおっしゃるので、「どこを変えた方がいいのでしょうか。」と聞くと、聞いたことには答えず、「共産党も創立時は、憲法を変えろと言っていたじゃないか」。と言うのです。「今の綱領は、憲法を全面的に守る立場ですよ。」と言うと、また、「最初は憲法を変える立場だったでしょ。」「共産党のくせに何も知らない。」と一方的に言い出しました。

ちょっと、カチンときて、「何もかも知っているわけではありません。だから、私たちはみんなで勉強して、世の中を良くしようと頑張っているのです。」と言いました。

宣伝の時に、からんでくる方はまだ時々いますが、安倍総理からして日本共産党の誹謗中傷を公の電波を使ってやっていますから、とんでもない国です。アメリカのトランプさんも同様ですね。

衆議院埼玉2区候補おくだ智子さん。野党共闘の候補者にと頑張っています。

村岡県議。議会の議案対策で忙しい中駆け付けてくれました。

梅村さえこ衆議院比例候補の隣でシール投票を呼びかけました。

宣伝にはよく来て下さる、素敵なご夫婦。シール投票を手伝っていただきました。

コメント一覧
  1. 金子幸弘 より:

    その男は勘違いしていて党創立時ではなく憲法制定時に9条に議会で異を唱えたことを言いたかったのでしょうね。当時の政府の説明で自衛権まで放棄するようなことだったので軍隊を持つ持たない関係なく自衛権は当然あるものだと。その後、政府が自衛権はあるとしたので、戦争しない、軍隊を持たない9条については他の条項と共に守り発展させるものとなったと。
    あと憲法制定時に、さまざまな学者やグループが憲法案を発表して、当時の日本共産党も独自の憲法案を発表しました。

    • imai より:

      幸弘さん、返事ありがとうございます。
      そうかもしれませんが、話した感じでは、違うかもしれないと思います。どちらにしても、こちらが話をしようとしても、聞く耳を持たなかったので、きちんと話したかったですよね。

コメントを残す

日本共産党の関連記事
おすすめの記事