川口駅東口デッキで、日本共産党の消費税増税反対の宣伝行動が行われました。15時から16時。とても暑い日でしたが。たくさんの党員や後援会員の皆さんが参加して、元気よく宣伝できました。消費税増税は来月もう10%に引き上げが迫っています。「決まった事だから、今更遅いわよ」と捨て台詞の様に言って通りすぎる女性がいましたが、「今からでも、止められます。消費税増税を反対する国民の多くの声が国会に届けば」とその女性に声かけました。

署名はなかなか厳しいものがあり、1時間で34筆でした。私はシール投票をもち、通行人に声かけました。

中学生のような女の子が二人、署名をしてくれました。シール投票もやって!とお願いしました。一人は、「もう無理、ふざけるな!」のところにシールを貼りました。もう一人は、「8%はOK」と「10%もしかたがない」を見比べてどちらかなあ、と考えています。結局8%はOKに貼りました。絶対ムリのところに貼った方は、「お母さんは保母をしているけど、消費税が10%なんてムリ。って言ってる。」と話しだしました。保母さんは給料が低いから大変ね。というと、そうなんです。と、家計や労働の対価に関しても家ではなしているのでしょう、対話になりました。もう一人の8%大丈夫に貼った子にも、家でご両親と話をしてみてね。と言うと、「はい」と素直な返事が返ってきました。安倍政権もマスコミも消費税の逆進性や、財源論など国民に知らせることをしないので、宣伝は重要です。今週は、いたるところで、日本共産党が消費税増税反対の宣伝をしています。ぜひ、チラシを受け取り、読んでください。そして、署名にご協力を。反対の声を政府に届けましょう。

今からでも、増税を止めることはできます。

金子市議、板橋市議、井上市議がマイクで訴えました。

シール投票

シール投票は15個のシールがはられました。ちょっと、少ないですね。

奥田さんもマイクで訴えました。

暑い中本当にお疲れさまでした。

署名は、1時間で消費税反対が34筆。減らない年金が5筆でした。

おすすめの記事