平成天皇の象徴としての活動には、敬意を感じていました。そんな方は多かったのだと思います。そして、現在の天皇と皇后の人気にも国民の期待が表れているのかもと思います。そんな、国の象徴である、天皇が政治に利用されることは断じてならないとも思っています。

今日の赤旗日刊紙1面に、「天皇の制度と日本共産党の立場」と題した、記事が掲載されました。編集局長が聞いて、志位和夫委員長が答える形式です。

最近日本共産党は、柔らかくなったとか、国民に迎合する路線になったとか、一部のマスコミで報道されていますが、そのような間違いの答えにもなっている記事でした。

日本共産党は、2004年の綱領改定で、日本国憲法の天皇条項をより分析的に吟味した結果、戦前の絶対主義的天皇制から、戦後は主権が国民にあり天皇は象徴であると明記されたことから、君主制の国とは言えないことが明らかになった。と言っています。日本共産党としては、世襲で天皇という立場の家族があるということには反対の立場ですが、天皇の制度に関しては、国民の総意で決めていくものとしています。

ですから、よく「日本共産党が政権をとったら天皇制は廃止するのか」と聞く方がいますが、天皇の制度の存続も廃止も国民が決めるものとしているのです。

そして、志位委員長は憲法の第1条で、天皇を「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」であるとしたうえで、天皇の地位の根拠として、「主権の存する日本国民の総意に基づく」と明記していること。つまり、主権は国民にあると、天皇条項にも明記されていることを強調しています。ここが大事だと思います。

日本共産党は、現行憲法の全条項を守ると打ち出し、日本共産党の綱領の方針にしたがい、行動指針を定めます。そこが、ぶれないゆえんです。綱領に関しても、トップダウンで決めるのではなく、全党員が意見を出し党大会で決定します。日本共産党の綱領は、秘密にしているものではありません。ですから、多くの方に読んでもらいたいと思います。

改めて、日本共産党のすごさを再認識しました。党員として、人として、成長をすることが今は、大事です。

 

おすすめの記事